ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

突然ですが!
本日12月1日は何の日か?ご存知ですか!?

 

若干タイトルからバレてる感あるかもですが・・・笑

 

実は、本日12月1日は、

映画の日。
でした!!(1896年に神戸市で日本で初めて映画が
一般公開されたのを記念した日のようです。)

 

ということで!

せっかくの映画の日なので
映画館で映画を観てきました!

 

少し出遅れましたが!

 

ボヘミアン・ラプソディ
観てきました!

http://piacinema2.xtwo.jp

伝説のバンドQueenの映画。

 

正直、Queenのことは数曲ぐらいしか知らない
ニワカな田中ですが。。。

 

めちゃくちゃ面白かったです!

 

本日もネタバレしない程度に
田中的な面白ポイントを書いていこうと思います!!

田中的映画の面白ポイント

まずですね、
映画なのでもちろん俳優さんが演じるわけなんですが・・・

 

Queenのボーカルである
フレディ・マーキュリー(左が本人、右が俳優さん)
https://kaigai-drama-board.com
めっちゃ似てます!笑

 

で、すごいのがボーカルのフレディだけじゃなくて
全員ものすごく似てます!笑

https://twitter.com

https://ameblo.jp

 

実際のQueen本人たちも「アレは俺たち本人だ。笑」
と言わせるほど全員似てます。

 

「似てる」なんて言葉が失礼なくらい
全体を通して、その再現度の高さに圧倒されます。

 

そして、田中的プチ情報なのですが、
予告にも出ている、大注目の伝説のライブシーンがあるんですが、、
撮影の初日に撮ったようです!!笑

 

普通、撮影日を重ねるごとに
役になりきっていく演者が多いと思うんですが
この映画は、撮影初日にラストシーンを撮ってます!笑
役者の気合の入りっぷりが、もはや「ロック」です。笑

 

そして、
似てるとか、Queenのことを全く知らなくても
じゅうぶんに楽しめるストーリーの奥深さがあります。

 

フレディ・マーキュリーという人が
「生きるシェイクスピア戯曲」のような人生を歩んでいて
その人生をたどるだけで、
舞台の演目のように感じてしまいます。

喜怒哀楽の詰まった「女王陛下(Queen)」という戯曲。

「ロックバンド」という概念が壊れるような
知的な戯曲を観に行くと体感できると思います!( ^ω^ )

 

そういう映画自体の内容の面白さや
実際のバンドファンを納得させるほどの再現性を
あわせ持った映画は今まで田中は観たことがありません!
すごいです!(語彙力(笑))

 

田中には、
この映画の時代の鬱屈感と
今の現代の閉塞感が似てるように感じました。
今、何となく、世の中で窮屈だと感じている人を
確実に「ロック」してくれる映画だと思います!

是非、劇場で!( ^ω^ )

(↓田中的フレディ・マーキュリー笑)

今日の一言

今日から12月!!今月もよろしくお願いします!( ^ω^ )
今日の一言はこちら。

The following two tabs change content below.
tanakaasmr
YouTubeで音フェチ・ASMR動画を投稿してます、田中です。 好きなオノマトペは田中田中田中。。。

映画紹介カテゴリの最新記事